ノーリツ新宿ショールーム見学


あいにくのお天気となった先週末日曜日、住友ビル15階にありますノーリツの新宿ショールーム「NOVANO(ノバノ)」へ行って参りました。

本当は昨年6月のリニューアル後すぐに訪れる予定だったのですが急用で流れてしまい、それっきりとなっていたので、今回は待望の訪問です。※写真クリックでショールームHPへジャンプします

今回のショールームですが、一回りしてみたところ、システムキッチンの新製品、「レシピア」および「レシピアプラス」の展示がとても充実していた印象です。

「レシピアプラス」対面型カウンターの02番展示サンプルです。間口は2m57cm。


数値が半端なところにミソがあります。

「レシピア」及び「レシピアプラス」はベースキャビネットもアッパーキャビネットも、1センチ単位でプラン長さ調節が可能なのです。

しかも通常、特注対応は相当の追加料金+対応日数がかかるものですが、間口サイズの変更があってもプラス1万円、かかる日数もプラス2日!で対応できます。

※調整できる構成パートは指定されています。

話題の「スマートコンロ」がセットされていますね。

付属のキャセロールやプレートパンも、

引き出しにスマートに収納できます。

プラン02を居間側から見たところ。

カウンター高さも5段階から選べますので、どなたにもぴったりの使い心地を得られます。



こちらはL型のシンク側を「水切り対面」レイアウトにしたプラン。03番展示サンプルです。

間口はシンク側が2m57cm、コンロ側が1m80cm。


シンク右下にはビルトイン食洗器が配され、見るからに動きやすそうなレイアウトです。

レンジフードはデザインタイプの「アリアフィーナ」が組み合わされています。

扉のカラーも非常に豊富に用意されています。

迷いながらじっくり選ぶのも楽しいひと時ですね。



こちらはノーリツの提案する「ワークL型」というプラン。

04番展示サンプルになります。

通常のL型と違い、I型同様の機能部に、調理などに便利なエンドカウンターをプラスしたもの。


シンプルプランをひと捻りして、収納と作業性を上手に両立させたプランです。


間口幅は2m70cm、エンドカウンター側は1m50cm。


より一般的なI型カウンターももちろん展示。

05番展示サンプル、間口は2m19cm。

こんな微妙な幅にも出来るんです。

上キャビネも下キャビネも、微調整は真ん中のパートで行います。



1m69cmという狭小間口に対応したサンプルも展示されています。実はこれが01番サンプルというところに、メーカーの良心を感じます(笑)

梁や、配管をうまく避ける工夫が随所に盛り込まれております。

小さくても機能性に妥協はなく、デザインバランスも崩しておりません。

使う側の視点にどこまでも忠実に、非常に柔軟性に富んだプランが立てられるのが「レシピア」シリーズの大きな特徴と言えます。

もちろん、ガス給湯器や、

洗面化粧台、水栓など、

ノーリツ製品が豊富に展示されております。



今回は詳しくご紹介できませんでしたが、

「おそうじ浴槽」でおなじみのシステムバス各種や、

リンナイに続いて開発・発売された「ハイブリッド給湯器」など、他にも魅力的な製品群がいっぱいです。


また「ハーマン」ブランドを継承し、進化を続けるコンロ・オーブン関連製品の展示にも非常に力が入っており、この日も「PROGRE(プログレ)」や「REVOR(レボア)」など、最新のガスコンロを目当てに来店されるお客様が大勢おられました。


新年度を迎えて、どのメーカーも自信にあふれた新製品を前面に押し出してきており、

販売業者としてもこの時期のショールームは新鮮さと活気があって大変刺激になりました。

なるべく近いうちに時間を作ってまた各メーカーのショールームを見学し、お客様に満足して頂ける製品をご紹介していけたらと考えております。

 

本日も当店ブログご覧いただき、ありがとうございました。